運輸関係の全事業者に運輸安全マネジメントの導入を求める「運輸の安全性の向上のための改正鉄道事業法等の一部を改正する法律」が平成18年度10月から施行されました。
運輸安全マネジメントとは、安全確保のため1.経営トップが全社的な安全性向上の取り組みを主導し、企業全体に安全意識を浸透させる、2.現場の声を安全性向上策に持続的に反映させるなど、企業全体の安全性を計画的に向上させる、3.参加型研修・指導等の実施により運転者の能力を向上させることを責務として課し、一定規模以上の事業者に対しては安全管理規定の作成と安全統括管理者の選任を義務付ける制度です。
監査の強化   運行管理制度の徹底   運輸安全マネジメント導入
三位一体で推進
   
事業者の法令遵守を徹底し
事故の防止を図る
・事業者の潜在的リスクをチェックする監査機能を強化し、安全確保の改善が行われるまでフォローアップ
・厚生労働省との合同監査・監督等の実施
・悪質な違反について事業停止処分等の導入
 
事業者の法令遵守を徹底し
事故の防止を図る
・自動車運送事業の安全確保の基盤となっている運行管理制度について、制度全般を再点検し「点呼・運行管理」「運転者」「車両」「始業及び終業後チェック」等について必要な改善策を実施
 
経営トップから現場まで
一丸となって安全性の向上を図る
・全社に運輸安全マネジメントを導入
・大規模な企業に対する、安全管理規程の作成、安全統括管理者の義務付け
・国からの事故発生状況、処分等や事業者からの安全に関する取り組みの公表
・運輸安全マネジメントの実施
Copyright JTA 社団法人 全日本トラック協会 2007
 
 
compliance

コンプライアンスを重視した経営を行うことが社会的責任になっています。
法を破り、社会的モラルを無視した経営を行うと、その企業の信用、存続が許されない時代になりました。特に産業廃棄物収集運搬業は、幾度と無く変更される廃掃法の改正や、環境負荷低減に伴う社会的責任に対していち早く順応していくことが求められています。
弊社はそれに対応していくために、2006年に社内コンプライアンス推進委員会を立ち上げ、社会的モラルを含めた経営を積極的に進めています。

【コンプライアンス推進委員会の主な活動内容】
1.廃掃法における法規教育や関連周知報告の徹底
・安全運転・安全作業教育を目的とした具体的なチームミーティングの定期的な開催。
※TL(チームリーダー)ミーティングや各チームミーティングなど具体的にどう進めるのかを含めそのためのマニュアル進行表作成
2.社内講習会の実施
・実務に関連した法規(廃掃法/現場ローカルルール)講習、勉強会。
・社会的モラル向上の為の実践的シュミレーションの実施。
・トラック協会、保険業者から貸し出されるビデオを使い社内イメージ教育。
(交通安全/教育関係/健康関係/災害関係/ドライバーコンテスト関係等)
※押し付け安全運転・安全作業教育ではなくドライバーの目線から事例ごとに対策を考える
3.環境負荷低減を意識した社員教育と個々のモチベーションの向上教育
・ドライバーコンテストの実施、安全運転、安全作業ドライバーチーム表彰等。
4.外部講習会への積極的な参加
・環境省、各産廃協会、ゼネコン、各事業団体等が主催する講習会・勉強会への参加。
 
 
地球温暖化防止、大気汚染改善、省エネルギーの推進は我々物流に携わる企業としては重要な取り組みのひとつになっています。
エコドライブは即効性があり、かつ容易に実践できるため、これを支援する装置の開発・普及が進んでいました。
弊社は国土交通省による平成17年「エコドライブ管理システムモデル事業」にいち早く参加、全車両にEMSを導入し環境保全はもちろん運行管理の面でも成果を挙げています。
1. 環境負荷低減に対する社員の意識向上
・日常生活においてエコドライブを意識することが実感できるため自然と身につく。
2. 燃料経費の削減
・EMSの実施により急ブレーキ・急発進などがなくなり燃費が改善、経費が削減された。
3. アイドリングストップなど待機時間などのエンジン停止により無駄Co2の削減
4. 交通事故/重大事故の削減
・EMSは即安全運転につながり重大事故などは皆無となりました。
5. 保守費用・消耗品費の削減
・丁寧な運転が車両の保守費用の削減や消耗品のサイクルの延長を促しています。
6. 社内のコミュニケーションの活性化
・結果がわかりやすい点数評価のためドライバー全員が安全運転の意識、燃費改善など向上心をもち情報交換をすることでコミュニケーションの活性化につながりました。
7. 運行記録もデータ化され事務・管理作業も軽減され不適正ドライバーへの指導も明確になりました。