再利用したチップから生まれたE・V・Aボード水回りなどマンションの二重床に使用されます。
東京ボードグループの各地にある保管工場から建築現場へ
平車を中心にユニックにいたるまで配送を行っています。
廃木材から蘇ったE・V・Aボード(パーティクルボード)を再び建築現場へと配送することにより循環型
の業務が成り立ちます。
その建築現場から同車両が帰り荷として廃木材を回収することもありますので、無駄な回収車両が
要らなくなるため、事実上CO2の削減につながります。
 
 
ティービーロジスティックスは環境負荷低減とお客様のリサイクルをお手伝いする為に走ります。
東京ボードグループ全体で環境負荷低減を前提とした循環型社会形成を目指しています。
その物流部門を担っているのがTBLです。
現場のお客様と綿密な打ち合わせを行うことにより、分別に関する問題解決の手助けをさせていただきます。 現場の作業員の御協力によりかさばる樹木・松杭など手積み出来ないものまで効率よく回収することが出来ます。
分別回収はTBLにお任せください。経験豊富なドライバーが多様な車種であらゆるシーンのお答えいたします。
※TBLのドライバーは木くず回収のプロフェッショナルになるため、社会的モラルの向上の研修、品目区別、各工場受け入れ基準、廃掃法、エコドライブ管理システム、電子マニフェストなど完全にマスターするために一ヶ月という時間をかけて教育研修を行った上で独り立ちしています。
現場でお客様がお困りのことがありましたら是非ドライバーまでご相談ください。
 
 
排出事業所でのコンサルティング
〜東京ボードグループ〜
東京ボードグループではお客様が最もリサイクルしやすい環境を作りやすいようにサポートいたします。
豊富な経験をもとに効率のよい木くずのリサイクルを実現いたします。
1. 現状把握 2. 分別指導
現地調査を行い、現状の問題点を摘出します。 現在撮影中 現場担当者に分別基準などを説明。
現場の職人さん達に受け入れ可能な木くず品目を解りやすく説明する分別講習会を定期的に開いています。
3. 分別ヤード
専用の看板・容器を設け、容易に分別回収が出来る環境を作ります。  
容量:1m3
折りたたみ可能
容量:1m3
パイプスタンドと併用して使用すると自立します。
容量:6m3
型枠など特殊なものを積めるように横幅が内寸2,000mmある特別サイズになっています。
    →容器サイズはこちらから
4. 搬出スタイルの選定
専用の看板・容器を設け、容易に分別回収が出来る環境を作ります。  
※わかりやすいリサイクル分別用看板を用意してありますので、担当営業までご連絡ください。  
大型工場などあらかじめ異物が混入しにくい現場や、庸重センターなどが常駐している管理型の現場に限りコンテナを使用し回収します。 ドライバーによる手積み回収
分別しきれなかった物も現地でドライバーが選別して回収いたします。
まとまった数量の回収により輸送コストが軽減します。
型枠・パレットなどに最適です。
ユニックを使い回収することが出来ます。
フレコンによる回収ができる為大容量・少量巡回など、どんなニーズにも応えます。
      →車両サイズはこちらから
5. 成果
わかりやすい分別ヤードにより分別排出が定着しリサイクル率UP。
環境美化、クリーンの職場の維持。